モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

精神的苦痛からの「解放」を求めて

f:id:mokerin:20210531105803p:plain

 

ミニマリストになりたいわけじゃない。

けれど、家の中の物は極力少ないほうがいいことも分かっている。

何故なら、物を持たないほうが身軽だから。

 

モノが少ないと、掃除をするのもラク

管理するのもラク

アレコレ買わなければ、お金の心配も減る。

 

ここまで分かっているのに、ネットを開けば欲しいもので溢れていて。

広告に踊らされているだけじゃなく、SNSで流れてくる誰かの「オススメ」に心が奪われることもしばしば。

 

物欲と縁を切るなんて、きっと無理な話。

魅力的な物は、世の中に溢れているんだもの、避けて通ることって難しいよ。

 

そんな心の声に引きずられ、物欲にまみれる毎日でした。

 

でも最近、『心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ』を読みましてね。

モノを手に入れると、なぜ嬉しいのか

という話があったんです。

 

 

例えば、新しいスマホが欲しいと思ったとします。

 

この思いにとらわれると、

「新しいスマホが自分の手元にない」

ことが、苦痛になってしまうんだそうです。

 

なので、新しいスマホを手に入れます。

手に入れたら、嬉しくなりますよね!!

飛び跳ねて喜びの舞を踊りたくなりますよね!(万人共通の可能性は低い)

 

しかしその「嬉しさ」は👇

その喜びの本当の理由は、モノを手に入れたことによるのではなく、欲しくてたまらないという苦痛から解放されたことによるのです。言い換えれば、モノの恩恵を得た喜びではなく、欲求不満を解消したことの喜びなのです。

『心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ』より引用

と、本に書かれていました。

 

手に入らないと思えば苦しい。

その苦しさに耐えられないから、モノを手に入れる。

 

手に入れてしまえば、それで一生安泰に暮らせるかというと、そんなわけはなく。

結局また、新しい何かが欲しくなってしまうだけで、物欲はエンドレスなんですよね。

 

と思っていましたら、またもや本に👇 

広告戦略によって「何かが足りない」という気持ちにさせられ、精神的苦痛を解消せざるを得ない心理状態に陥っているだけです。だからこそ、いったんモノを手に入れると、なかなか手放すことができないのです。それを手放すと自分の一部が失われるように思い込んでいます。しかし、それは幻想といっても過言ではありません。

『心の中がグチャグチャで捨てられないあなたへ』より引用

と書かれていましてね。

 

どうやら「幻想」に惑わされているようですね、私たち。

「幻想」に左右されるのもアレなんで、惑わされないようにしていきたい、と思った次第です。

 

www.mokerin.com