モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

自分を証明してくれる気がするから「肩書き」には憧れますけれども

f:id:mokerin:20210630093120p:plain

 

ちきりんさんのVoicyを聞いて、肩書きについて考えていました。

コチラの放送👇

 

voicy.jp

 

肩書きにはめちゃくちゃ憧れます。

以前は、「社長」や「部長」といった、組織の肩書きにも憧れがありました。

 

今は、インスタグラマー、インフルエンサーといったものに憧れます。

名前の響きだけで憧れてるんで、どういった活動をされているのかは知りませんけれどもね。

 

肩書きがあると、

「影響力のある人」

というイメージがあるので、そこが羨ましい理由ですね。

 

肩書きに憧れるのは、

「自分が何者であるか」

という証明が欲しいんだと思います。

 

「自分が何者であるか」

という証明が欲しいということは、裏を返せば

「今の自分ではダメだ」

と思っている証拠でもあり。

 

現状の不満を、肩書きで帳消しに出来ると思っていたんです。

 

帳消しになんて出来ないんですけどね。

それも分かってるんですよ。

 

肩書きを得たとしても、今度はもっと上の、もっと違う肩書きが欲しくなるだけだもの。

 

こういった思考の根本は、

「人にどう思われるか」

を気にしているってこと。

 

人にどう思われるかを気にして生きるってことは、「他者目線」で人生を歩むってことですよね。

ずーっと人の目を気にするのは、自分の本音も本心も分からなくなりますから、やらないほうがいいんですけど、ついやっちゃうんですな。

 

他者目線は「満足する」ってことが無くて。

常に不足感があるので、イライラもしやすくなります。

ネガティブな感情が増えていけば、人生がつまらないなんてもんじゃないですよね。

 

だったら、「他者目線」をやめたらいい。

不足感をなくすためにも、

「肩書きなんてどうでもいい」

と割り切ってしまえば良い。

 

ということで、割り切ろう!

肩書きなんて要らないぜ!!

・・・とは、なりませんでしたね、私はね。

 

やっぱり欲しいなと思ってしまう。

物欲の塊。

それが私。

 

「他者目線」だとしんどいんだよ、と言った話はコチラの本に詳しく書いてあります👇

私も20回ぐらい再読してますけど、なかなか「他者目線」が抜けません。

染みついている思考の癖ってのは、抜け出すのが難しいですな。