モケログ

有益なことは何も書きません。いや書けません。

「教師は社会を知らない」?

f:id:mokerin:20211025111153p:plain

 

「教師は社会を知らない」

 

書いてあったのはコチラの本たちです👇

 

 

 

生徒として過ごした学校を卒業すると、今度は教師として学校へ通うようになる。

社会に出たことが無い教師たちは、社会を知らない。

そんなことが両作品に書かれていました。

 

どちらの本にも共通していたのが、

「社会には正解がない」

ということ。

 

だから自分の頭で考えて、行動していくしかない。

そういったことは学校で教わらず、大人になって社会に出て、初めて経験するもの。

 

ひろゆきさんは『僕が親ならこう育てるね』の中で

本来「答えのない問題の解き方」を学校教育で教えてくれればいいのですが、教師は学校以外を知らない、社会人経験もマトモにない大人がやっているので「答えのわかっていない問題の解き方」を知らないことがほとんど。それは、教えられなくて当然ですよね。

『僕が親ならこう育てるね』より引用

と仰っていました。

 

学校で学ぶことは、子供たちが大人になった時に、社会で困らないようにしていくものだと思っていました。

しかしその「社会」について、詳しく知っている教師はどれだけいるのか。

全く知らずに「社会」について、教えている人たちもいるのではないか。

 

言われてみると確かに、と思ったりもしたんです。

しかしですよ、じゃあその「社会」というものに出ている、教師以外の大人たちが一体何を知っているというんだろうか、とも思うんですよね。

 

私自身、社会についてなんて、子供たちにきちんと教えられる気がしません。

それに

「社会に正解はない」

と両作品が言っている。

だったら何を教えたら良いんだ、って思いますわな。

 

自分の頭で考えられる人になること、人間関係が重要だということなどが、両作品には書かれていますけれど、そういったことをどれだけの人が出来ているのだろうか。

少なくとも私はまったく出来ていないので、教える立場に居ない気はしますけどね、でも親だって教えていかなくちゃいけないんですよね。

がんばろ・・。