モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

Daigoさんの「子育ては心理学でラクになる」に学んだこと

メンタリストDaigoさんの本は分かりやすくてよく読みます♪

今日はコチラの本に学んだことを書いてみました↓↓

【対象が子どもに向かっている!?】

「子育てがラクになる方法」は世にあふれているけれど、対象が子どもに向かっている限り、ラクにはならない。 『子育ては心理学でラクになる』より引用

親になってからというもの、ありとあらゆる子育て本が目につくようになりました。

子育てに行き詰まると、本屋さんで育児本を買いあさりたい衝動にかられます・・。

でも、Daigoさんの言葉でハッとしました。

子どもをどうにかしたい!!

と思っているうちは、どれだけ本を読んでも意味がないということ。

  • 変わるのは自分自身!
  • 相手を変えようと思わないこと!

これがまず、大前提としてあるんですよね。

ここをいつも忘れてしまうなぁ・・。

育児に行き詰まったら、

母となった自分が変わる時なんだ!

ということを忘れないようにしたいです。

【子どもが頑張るとき、親は我慢する】

子どもが頑張って自分の力を試そうとしている時は、親も頑張って手を出すのを我慢すること。 黙って、だけどしっかりと見守ること 『子育ては心理学でラクになる』より引用

この我慢が親にとっては苦行だったりします・・。

子どものペースだと遅くもなるし、つい手を出したくなってしまいます

でも、手を出してしまえば、子どもの自立心を損ねることにもなりかねない・・。

子どもは自分の力で変われる。親はそれを見守り、もし助けを求めてきた時に手をさしのべられるようにしておく。それで十分。『子育ては心理学でラクになる』より引用

Daigoさんの本を読んで感じたことは、

私は子どもを信じているだろうか?

ということでした。

子どもが何かをするたびに

「どうせ出来るわけない」

と信じられないでいたように思います。

まだ小さいから・・なんて言い訳にはならない。

小さくても出来ることはたくさんあるということを、3歳息子に教えられる毎日です。

【子どもは言うことを聞かせる相手ではない】

根本的なことですが、子どもは自分の思い通りにするための生き物ではありません。

ということは、

“親の言うことを聞くようにさせたい”

という思いはおかしいですよね・・。

無理やりにでも子どもに言うことを聞かせようとすれば、親の言うことをもっと聞かなくなるだけ。

これは人間関係全般的に言えることですよね。

相手に言うことを聞かせようと思い始めたら、関係はおかしくなるだけ。

そう考えると、関係を壊すことは簡単ですね・・。

【まとめ】

  • まずは子どもの話を聞くこと!
  • 子どもを変えるのではなく、まずは自分が変わること!

 

子育てでテンパってしまうことばかりだけど、よくよく考えてみたら、

やったほうがいいことってすごくシンプル!

Daigoさんの本はとっても読みやすくて、何かしら元気をもらえるのでオススメです♪

子育てにお悩み中の皆さん、一度手に取ってみてはいかがでしょうか?