モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

冷えとりは怪しい!?冷えとり健康法のうさん臭さ

f:id:mokerin:20200330133756p:plain

どうもモケリン@mokerin1です

冷えとり健康法と出会って半年が経過しました。

このブログでも何度か記事にしています↓

https://mokerin.com/futyou20190513/

今日は「冷えとり健康法」について、正直な気持ちを書いてみました。

【冷えとりが胡散臭い気持ち、めっちゃわかる】

個人的にこの半年間、「冷えとり健康法には効果がある!」と思って過ごしてきました。

しかし・・「私は冷えとりしてます!」と周りに大きな声で言えないのも事実。

「体の冷えを取って、自力で病気を治すんですよ!」

とか、絶対に言えない。

言ったら最後、

「あぁ、気の毒な人やねんな」

と思われるのも、分かってるんです。

 

なんかね、本には病気を治した人の体験談とか書いてあるんですよ。

この本とか色んな成功体験がありました↓

でもね・・正直に言っちゃうけど、この成功体験も文字でしかない。

ビフォーアフターみたいな写真とかなくて、体験談にはなってるけど、その人たちの顔が見えてこない。

何というか、一種のファンタジーなんですよね。

 

本に書いてある成功体験を信じるか否かは、読む人次第。

こういう面でも、冷えとりが胡散臭いと思われる理由かなって思います。

【冷えとりの「めんげん」について】

実際に私も冷えとりをしてきて、効果があったとブログには書いています。

これとか↓

https://mokerin.com/hietori20190703/

これとか↓

https://mokerin.com/hietori20190821/

 

冷えとりを始めてから現れる不調は、全てが「めんげん」と呼ばれるもの。

体にたまった毒を輩出し始めた、という証拠らしいです。

 

私の体に現れた「めんげん」は、

下痢

酷い咳(喘息みたいな)

耳の不調(ずっとポワポワいってる)

帝王切開の傷の痛み(皮膚がちぎれたかと思った)

などです。

 

実際に「めんげん」と呼ばれることを体験してみて思うこと。

これは果たして、冷えとりの効果なのか!?

ということです。

 

身もふたもないことを言いますけど、不調になったのは、たまたまそういう時期だっただけなのかもって気持ちもあるんですよね。

下痢をしたのは何か悪いものを食べたからかもしれない。

咳が出たのは風邪を引いたからかもしれない。

耳の不調は原因不明(病院でも異常はないといわれたし)。

帝王切開の傷跡は、少しずつキレイなってきてはいますが、それは冷えとりをしていたからなのか、それともたまたまキレイになっただけなのか判断がつかない・・。

 

因果関係を追及すると、よくわからなくなってしまうのが、冷えとり健康法の危うさだと思います。

【それでも冷えとりを続ける理由】

冷えとりをしたから病気が治ったのか、それともたまたま治る時期だっただけなのか。

はっきりとしたことが分からないから、冷えとりが怪しく思われてしまうんでしょうね。

 

でもね、風邪なんかでも同じことが言えると思うんですよ。

風邪が治ったのは薬を飲んだからなのか、それともただ治る時期だったのかなんて、はっきりとしたことは誰にも分からないですよね。

「そもそも風邪なんて、放っといても治るもの」とか言っちゃうお医者さんもいるしね。(わが子たちのかかりつけ医)

 

実際に冷えとりをしている私ですが、冷えとりを怪しいと思われる気持ちもすごく分かるんです。

でもだからといって、病院へ行けば病気が治るとも思ってません。

現に私は今まで色んな不調を訴えて、さまざまな精密検査をしてきましたが、全て異常はありませんでした。

 

医療は発達しているけれど、人体については、まだまだ解明されていないことは多いのが事実。

病院では治せないと言われたことを、冷えとりで治せたらいいな、という気持ちで私はこれからも冷えとりを続けていくと思います。

 

でも最後に一つだけ。

冷えとりで靴下の重ね履きも良いけれど、運動するのが1番手っ取り早く、血液が循環すると思います。

体をこまめに動かしたほうが、体が温まる時間は早い。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。