モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

尾木ママの本を読んで、効果のあった育児の対処法を3つ選んでみました!

f:id:mokerin:20200408155757p:plain

本日、参考にしたのはコチラの本です↓

タイトルにつられて読んでみました。

 

叱ることがしつけになるとは思っていなくても、ついつい声を荒げてしまうことってありますよね?

そんな毎日に嫌気がさしたので、本の内容を実践しようと思いました。

本を読んで効果のあった3つのことを記事にしてみます。

【効果①「早くしなさい!」を「いつするの?」に変えてみた】

子どもがお風呂に入りたがらない時、何と声掛けしていますか?

私は「早くお風呂に入るよ!」でした。

しかし尾木ママの本の中に、

「こういう命令口調で大人から指示されていると、自分自身で主体的に考えることができなくなってしまう」 尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』より引用

と書いてありました。

 

私自身が「早く!」と言われて育った人間。

そういえば、主体的に考えることが少なくて、いつも指示を待っていることが多い・・。

子どもたちが、私のようになってはマズイ!!

ということで、尾木ママ推薦の子ども自身に予定を決めさせる言葉、

「いつ?」

と聞くことにしてみました。

 

さっそく息子に、

「いつ、お風呂に入る?」

と聞いたら、

「明日入る」

と言われました(笑)

3歳にして返しが上手ね。

明日になったらまた「明日入る」とか言うんでしょ?

それって永遠にお風呂に入らないってことですやん。

ここで「分かったよ」と言うわけにもいかないので(不潔だし)

「時計の数字がどこになったら入るか教えて」

と聞いてみました。

すると

「じゃあ長い針が3になったら入る」

と教えてくれました。

この方法で今のところ、自主的にお風呂に入るようになりました。

 

以前は、お風呂に入りたくなくてギャーギャー泣いていたのに・・。

声掛けひとつでこんなにも違うものなんだな~と実感。

しかし気になるのが、「時計の数字で教えて」と、こっちが指図してるんですよね。

これって子どもが自主的に考えてんのか謎ではある。

まぁ嫌がらずにお風呂入るようになったし、大目に見てください(ぺこり)

【効果②叱ってしまったら素直に謝る】

怒りたくない。

そう思っていても、つい大声で怒鳴ってしまうことってないですか?

私は毎日の日課みたいに怒ってます。

どんなに育児本を読んでも、新たな怒りポイントを毎日生み出してくれる子どもたち。

母が菩薩にでもならないと、怒らないことなんて無理なんじゃないの?

って思ってました。

 

尾木ママの本の中で

「ママだって人間ですから、感情的になることがあるのは当たり前のこと。」 尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』より引用

と書いてありました。

 

「つい叱ってしまった」

と嘆くよりも、素直に謝る。

子どもをギュッと抱きしめて、「ごめんね」と謝ること。

ここでのポイントは、寝顔に謝らないことだそうですよ。

本人に分かるように謝ることが大事。

「“ママがちゃんと誤って、ギュッと抱きしめてくれた”ということが学習効果になって、この先、子どもが失敗した時に「ごめんなさい」と素直に謝れる人に成長させるのよ」 尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』より引用

ということで、子どもたちに怒ってしまった時は、素直に謝まるようにしています。

そうすると、子どもたちにも変化がみられるようになりました!!

「ごめんね」

と、私が言うと、

息子「大丈夫だよ!ママ大好き」

と言ってくれるようになりました。

この言葉だけで本当に泣きそうになります(ウルウル)

 

さらに!!

自分から謝れない子だった息子が、自ら「ごめんね」と言えるようになったのです!!

素直には素直が返ってくることを実感しました♪

【効果③尾木ママタッピングでイライラを回避】

「もし、子どもを叱りたくなったら、赤ちゃんを寝かしつけるときに背中や胸を手で優しくトントンする要領で、ゆっくり自分の胸をトントンとたたきながら、 「大丈夫、大丈夫、大丈夫」 と声に出してみましょう。回数は最低6回ね」 尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』より引用

これは尾木ママタッピングと言うそうです。

実際にイライラしている時って余裕がなくなっているので、尾木ママタッピングすることを忘れてしまうこともあるんだけど。

ちょっと不安だなって時にこの尾木ママタッピングをしてみました。

そうしたら気持ちがスーッとラクになったんですよ!!

これスゴイ!!何の宗教?ってぐらい効果抜群でした

ちょっと騙されたと思ってやってみてください!!

【まとめ『尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』の感想】

あの独特の言葉遣いで、人々を優しい気持ちにしてくれる尾木ママ

本の中でもテレビ同様に優しい語り口。

頑張りすぎるお母さんたちに、

そのままでもいいのよ!

でも少しだけ見方を変えたらもっとラクになるわよ!

って言ってくれて、読んでて癒されました。

 

乳幼児の育児で煮詰まっている人には読んでほしい1冊です☆

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。