モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

日本人のうち鼻が悪いのは○○人!『わたしは漢方美人』から学んだ体の秘密

f:id:mokerin:20200331105545p:plain

どうもモケリン@mokerin1です

今回はコチラの本の話です↓

【日本人の鼻炎持ちは○○人!】

風邪を引くと、鼻水がいつまでも出続けることが多い私。

そんな時は『わたしは漢方美人』を思い出します。

その理由は↓

日本で鼻が悪い人(鼻炎、副鼻腔炎、予備軍の人)は1億人!!

という話を読んだからです。

毎年1000万人が発症し、予備軍も含めて1億人の人が蓄膿症だと言われています。

『わたしは漢方美人』より引用

 

日本人のほぼ全員が、鼻で悩んでいるということになりますね。

鼻炎や副鼻腔炎だけでなく、いびきも鼻が原因。

いびきが酷くなると、「睡眠時無呼吸症候群」になることもあり、体の疲れが取れなかったり、子どもならば発達が遅れることもあるのだとか・・。

さらに高血圧や、心臓病を起こすこともあるそうです。

そして鼻が悪いことで起こるものの一つに、「頭痛」の文字が・・

 

【頭痛の原因は鼻】

鼻の周りには「副鼻腔」という空洞があるけれど、細菌によって炎症が出たり、膿がたまることがある。

これが「副鼻腔炎」で、膿がたまるところによって頭痛や眼痛、顔面痛などの症状が現れる。

『わたしは漢方美人』より参照

慢性の副鼻腔炎の人は自覚症状がないけれど、鼻腔に膿はたまっているので、その弊害として頭痛が起こったりするそうです。

本の中に副鼻腔炎の原因が書いてありました↓

①かぜを治しきってない

②水分をとりすぎる

③汗が出にくい

④食べすぎる→特に甘いもの

⑤免疫力が落ちている→疲れている

さらに、副鼻腔炎がでないようにすることも書かれていましたよ。

副鼻腔炎がでないようにするには]

◎水分をとりすぎない

◎甘いものをとりすぎない

◎体を温める→血行を良くする

※甘いものは分解されて「水分」に変わって、むくみに繋がるそうです。

【鼻を軽視しない】

人間は口呼吸ができる生き物なので、鼻呼吸を軽視しがちなようですが、鼻呼吸の良さも書かれていました↓

● 鼻の中は効率的に空気が流れる構造になっており、乱気流を起こさずに、スムーズに呼吸ができる。

● 吸い込む空気をきれいにして、適度な温度と湿度を与え、肺に優しい空気に変える。(PM 2.5の70%ぐらいは鼻で除去できると言われる)

● 鼻から空気を吸うと、気道が広がり、肺の血管も広がるので、呼吸量が大きくなり、肺での酸素吸引量が高まる。

鼻は大事にしたいけれど、悪くなってしまった鼻をどうしたらいいのか・・。

【頭痛がするのは鼻が悪いから。そして治すのは?】

鼻の漢方薬は、胃腸から治すように出来ています。意外かもしれませんが、これは胃腸と鼻には密接な関りがあるからなのです。鼻の悪い人は、胃腸が弱かったり、過飲過食の傾向があります。 『わたしは漢方美人』より引用

  頭痛の原因が鼻。

その鼻をどうにかしようと思ったら、胃腸を治すそうです!!

 

といっても、薬屋さんで胃薬を購入しても多分意味がないです。(経験済み)

これは漢方の話なので、漢方薬を処方されたほうが効果があると思います。

※とはいっても、本に登場する漢方医の江島先生ご自身も鼻が悪いそうなので、鼻の悪さと縁が切れるのは難しいのかも・・。

【まとめ『わたしは漢方美人』の感想】

漢方のことが気になるけど、世に出回っている本は専門用語ばかりで分かりにくい!

と感じているあなたに、とってもオススメです!!

女性ならば気になる、シミや便秘、月経前症候群などについても、分かりやすく教えてもらえます。

漢方を購入するしないは別として、この本に書かれている知識を仕入れるだけでも、不調をラクにする要素が見つかるかもしれません!!

実際に私は漢方を飲んではいませんが、水の摂り方などを見直して、むくむことが減りました。

漢方の入門書として本当にオススメです!!!