モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

ノートに書いているのは他人の言葉!?本当のノートの使い方って何?

f:id:mokerin:20200330133623p:plain

どうもモケリン@mokerin1です

最近読んでいるノート術の本がコチラ⬇

岡田斗司夫さんの『あなたを天才にするスマートノート』です。

 

ノート術の本は、見境なく読んでしまうノート大好き人間の私✨

まだ『あなたを天才にするスマートノート』が読み終わってないのに、コチラ⬇も気になって同時読み!

苫米地英人さんの『苫米地式 思考ノート術』です。

 

この2冊を読んで気づいたこと。

今までの私は、

「ノートをメモとして使っていた!」

ということでした。

【普段書いていることは全部メモだった】

私は今まで、何でも思いついたことをノートに書いていました。

自分の頭の中のモヤモヤを吐き出して、自分をラクにする方法としてノートを活用してきたんです。

詳しい話はコレとか⬇

https://mokerin.com/bulletjournal20190507/

コレとか⬇に書いてます。

https://mokerin.com/tebanasi20191213/

 

思ったことを書くだけでも、気持ちはラクになるのでオススメではあるんですが、『あなたを天才にするスマートノート』『苫米地式 思考ノート術』を読むと、ノートに対してまた違った印象を受けます。

何故か。

それは「思ったことをただ書くだけなら、それは他人の言葉を書いているだけ」と書いてあったから!

 

え?どういう意味?

私に誰か乗り移ってんの?

コッ○リさん?

 

【従来のノートは、他人の言葉をメモしているだけだった】

日々思いついたことをノートに書いていると気づきますが、

「勉強になるから書いておこう!」

と思ってノートに書く言葉がありますよね?

 

例えば、本を読んでて気になることをメモする時。

言ってみればそれも「他人の言葉」。

他人の言葉をただメモし続けても意味がない!ということを『苫米地式 思考ノート術』を読んで知りました。

 

必要なのはメモしたことの先!

他人の言葉を書くことも良いけれど、それに対して自分がどう思ったのかを、深く掘り下げて考えることが重要なのだそうです。

 

自分の考えをノートに掘り下げて書く!

そうすることで、思考力が鍛えられる!

それがノートの本当の使い方だと『苫米地式 思考ノート術』には書いてありました。

【授業のノートも本当は要らない!?】

『苫米地式 思考ノート術』では、学校の授業でノート取るのも本当は不要だと書いてありました。

先生が黒板に書くことなんて、すべて教科書に書いてあること。

なのに、わざわざノートに書き写すなんてムダな時間なんですってよ。

 

早く教えてほしかったわ〜。

めっちゃ真剣にノート取ってたやん。

【まとめ】

ノートとは、自分の思考を広げるために使うもの。

 

『あなたを天才にするスマートノート』では、ノートの大きさによって、思考の大きさも変わるので、大きなノートに書くほうが思考も鍛えられると書いてありました。

実際に私も普段はA6サイズのノートを使ってるんですが、A5サイズに書き出してみました。

大きなノートにするだけで、遠慮しがちに書くことがなくなるのでスラスラ書けるんですよ!

小さいノートだと、気持ちまで縮こまってたのかもしれないですね。

大きなノート万歳!

でも小さいノートも可愛くて大好き♡

 

自分の考えを掘り下げて、気分は盛り下げず、テンションは高めに盛り上げて。

『あなたを天才にするスマートノート』『苫米地式 思考ノート術』もオススメです。

良かったら読んでみてください。

最後までお付き合いありがとうございました。