モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

糖質に要注意!『医者が教える食事術』に教わる糖質中毒のこと

f:id:mokerin:20200330191937p:plain

どうもモケリン@mokerin1です

本日はコチラの本の紹介です↓

コチラの本は2017年に発行されていますが、未だに本屋さんでは売れ筋商品の場所に置かれていました。

この中から気になったことをブログに書いてみました!

【糖質の恐ろしさ】

本を開いてまず目に入るのは、糖質がいかに恐ろしいかということでした。

  • いつも疲労感がある
  • やたらと眠い
  • イライラする
  • 集中力が続かない 

上記のような症状が当てはまる場合、糖質中毒に陥っている可能性があるそうです。

体がだるい → 砂糖が欲しくなる → 砂糖を摂取するとハイになる → その後また体がだるくなりイライラし始める → 砂糖が欲しくなる

 

こうして人は負のスパイラルにハマっていくそうです。

もうこれは麻薬と変わらないですよね。

恐ろしい!

 

と思った私ですが、本にあった「糖質中毒チェック」をしてみたら、全部当てはまりました。

他人事みたいに喋ってすみませんでした。

チェック表はコチラです↓

〈糖質中毒チェック〉

①朝食をしっかり食べたのに、昼食前に空腹感を覚える ②ジャンクフードや甘いものを食べ始めると止めるのが難しい ③食後もときどき満足感を感じないことがある ④食べ物を見たり、匂いをかいだら、食べたくなる ⑤おなかがすいていないのに、夜食べたくなることがある ⑥どうしても夜食を食べたくなる ⑦食べすぎたあと、何かだるい感じがする ⑧昼食後、何となく疲れや空腹感を感じる ⑨おなかがいっぱいなのに食べ続けてしまうことがある ⑩ダイエットして、リバウンドしたことがある   「はい」がいくつありましたか? 0~2個→中毒ではない 3~4個→軽い中毒 5~7個→中等度の中毒 8~10個→ひどい中毒

 

さらに『医者が教える食事術』の中では、

「病気の根本原因をたどると、必ず砂糖がある」

と、書かれていました。

 

それだけ糖質が恐ろしいものということですね。

この本のおかげで、すっかり糖質恐怖症になってしまいました。

 

【悪性度ナンバー1は、液体でした】

糖質を摂取することで、虫歯になったり、肥満になったり、病気になったりしてしまうことが分かりました。

そんな恐ろしい糖質ですが、完全にシャットアウトすることって不可能。

多くの人が毎日のように食べている白米や、そばやうどん、ラーメンやパスタ、パンや玄米などにも糖質はガッツリ含まれています。

全く食べないというのは難しいので、「摂取量を少量にすること」と、本には書かれていました。

そして『医者が教える食事術』には、「人体を壊す糖質ベスト5」がありました。

悪性度ナンバー1は、缶コーヒーや清涼飲料水、ジュースなどでした!

おめでとうございます!!

糖質を大量に摂取できてしまう上記の液体は、人間本来の消化、吸収システムを無視しているため、最悪なんだそうです。

 

私は現在、緑茶を飲む生活をしています。

甘いものも欲しくなくなるし、イライラも抑えられるので(当社比)、私と一緒に緑茶生活を始めませんか?

https://mokerin.com/ryokutya20190510/

【まとめ『医者が教える食事術』の感想】

糖質が恐ろしい病気を招いてしまうということが、『医者が教える食事術』を読むとよくわかりますが、そんな恐ろしいものが何故、こんなにも出回っているのか?

答えは、消費してもらうことで利益を上げている会社が、税金をたくさん納めているから。

大人の事情に踊らされているのがよく分かりました。

私たちは糖質のない世界に暮らすことは出来ません。

それなら、糖質とうまく付き合っていく方法を見つけるしかないんですよね。

 

うまく付き合うといっても難しいけれど、最低限のことだけでも始めてみようと思います。

特に「人体を壊すナンバー1」とされている、缶コーヒー(ブラック以外)や、清涼飲料水、ジュースなどは摂取しないようにしたいと思います。

 

『医者が教える食事術』の中では、食べた方が良いものも紹介されていました。

こちらも参考にしながら食生活を考え直したいと思います。

  • 太る原因を知りたい、
  • 健康に興味がある、
  • 体調不良が続いている、

そんな方に読んでもらいたい本でした。

興味がある方は読んでみてください♪