モケログ

読書を通じて学んだこと、好きなことあれこれどれそれ。

体の不調は腸内環境のせいだった!?『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』に学んだこと

f:id:mokerin:20200326105817p:plain

どうもモケリン@mokerin1です

今回紹介する本はコチラです↓

 

タイトルには「除菌」と書いてありますが、この本が言いたいことはただ一つ。

腸内環境を整えれば健康になるよ!

ということでした。

それでは簡単に、本の説明と感想を紹介します。

【不調の原因は、腸内環境が悪いせいだった】

「何故か体がダルイ」「やる気が出ない」などの、ちょっとした不調はもちろんのこと、

なども、腸内環境の悪さと関連した症状だと、『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』には書いてありました。

【腸内環境が悪くなる原因】

もともと人間の体には善玉菌と悪玉菌がいるそうですが、砂糖や油、小麦などを摂取するうちに腸内環境はどんどん悪くなるそうです。

また、薬を飲んだりすることでも腸内環境は悪くなっていくと、本には書かれていました。

 

体の中に入れるものによって、腸内環境が破壊されてしまうのは理解できたのですが、もう一つ腸内環境を破壊する要因としてあげられていたのが「除菌」

除菌をしてしまうと、体は弱くなり、様々な健康被害をもたらすことを、マウスの実験と共に本には紹介されていました。

除菌で悪玉菌を殺そうとする行為が、善玉菌まで殺しているんですね。

善玉菌を殺してしまうと腸内環境は乱れ、元に戻すのには長い年月が必要になるそうなので、何でもかんでも「除菌」する生活は、一度見直そうと思いました。

【腸内環境を整えるには、どうすればいいのか?】

色々な不調を巻き起こす原因が、腸内環境にあるということがすべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』を読んで分かりました。

では、腸内環境を整えるにはどうすればいいのか。

 

まず食べ物を見直すこと!

  • 小麦
  • 砂糖や人工甘味料
  • 牛乳
  • キャノーラ油やその他の植物油
  • アルコール

などといった食品を摂取しない。

 

反対に、腸内環境に良いとされる食品は、

  • ココナッツ製品
  • 発酵乳製品
  • キムチ
  • 納豆
  • 味噌
  • 加熱調理野菜

などが良いそうです。

 

悪いものを排除して、良いものを摂取する。

そしてもっと効果的に腸内環境を整えるには、サプリの摂取も有効だそうです!

『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさいでは、「プロバイオティクス」のサプリが魅力的に書いてありましたよ。

【プロバイオティクスのサプリ】

「プロバイオティクス」は、細菌バランスを修復するそうです。

腸内環境を整えたいなら、「プロバイオティクス」は是非とも取り入れたいサプリメント

なのですが、「プロバイオティクス」だったら何でもよいわけではなく、

  • 有機認証を受けているブランドを探すこと
  • 150億から1兆個の範囲を持つプロバイオティクスブランド製品と購入すること

などなど。

 

多くの会社が生産している「プロバイオティクス」のサプリには、あまり効果がないそうです。

なので購入する際には、お気を付けください。

 

ちなみに私は上記のようなサプリを見つけることが出来なかったので、コチラを購入しました↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アシドフィルス+ビフィダス 80億 120粒 NOW Foods(ナウフーズ) 価格:1600円(税込、送料別) (2020/2/17時点)

 

アメリカからの発送ということで、まだ届いていません・・。

サプリを飲んだ結果は、また随時報告します!

【まとめ】

『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』では、タイプ別に合わせた処方が紹介されています。

  • カンジダ影響型腸
  • ストレス影響型腸
  • 免疫影響型腸
  • 胃影響型腸
  • 毒素影響型腸

この5つを東洋医学も交えて、どのように対処すればよいのかを教えてもらえます。

原因と対策、一日の過ごし方など、勉強になる内容でした。

 

個人的に気になったのは、5つのタイプすべてに共通している「危険な食品」に、アルコールの文字があったこと。

アルコールは腸内環境にとって「害悪」である、ということですよね。

分かっちゃいるけどやめられない(お酒大好き)。

 

『すべての不調をなくしたければ除菌はやめなさい』は、特に小さい子どもを育てる親御さんに読んで欲しいです!!

「公園とかで、子どもが汚くなってもいいや~」と思えるようになるのでオススメの一冊です!

 

本日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。